img_02

機能紹介2

せっかく撮影した一枚の写真の写りがイマイチ良くないと思いがっかりしたことがあるというような方もいらっしゃるかもしれません。そんなときにはiPhoneカメラのバーストモードを使えば、ある瞬間を完璧に撮影できる可能性が高まります。iPhoneでカメラ撮影を行う場合、通常ですと画面上のボタンをタップし、写真を撮ります。このやり方ですと写真は一枚しかできあがりません。

しかしこのボタンを長押しするとバーストモードが起動します。このバーストモードを使用すると、1回のタップにつき10枚の写真を瞬時にして撮影することが可能です。これらは小さなギャラリーに保存されるので、保存された写真から最良のものを選んで残すことができます。このような撮影方法では、例えばまばたきして閉じた目の写真などを避けることができるのです。

iPhoneのリマインダーアプリを使えば、ついついさまざまなタスクに埋もれ忘れてしまったやるべきことリストを忘れるといったことを防ぐことができる可能性が高まります。これもあまり使われていないiPhoneの機能の一つであると言えます。i印のアイコンをタップし、現れるメニューから「指定場所で通知」を起動します。iPhoneのGPSを使い、あなたがある特定の場所に行ったり、そこを去ったりすると通知をしてくれる機能です。この機能を使えばiPhoneがあなたのパーソナルアシスタントになってくれるのです。