img_02

機能紹介1

iPhoneには特別なコントロールオプションが組み込まれており、頭を動かすことでさまざまな機能をコントロールすることが可能です。iPhoneに備わっているその機能はスイッチコントロールと呼ばれますが、そのスイッチコントロールを使えば頭を右左に動かすことで、ホームボタンを押す、通知センターをチェックするなどの多くの操作を代用することができます。

この機能はある種の身体障がいをもつ方向けに組み込まれている機能なのですが、障がいの無い方でも何かの用事で手がふさがっているようなときなどにデバイスをスイッチコントロールで操作することが可能なので、万人に向けた便利な機能と言うことができるでしょう。例えば料理などをしながらiPhoneを操作したいという様な時にこの機能を使うといった選択肢もあるでしょう。

iPhoneの小さなスクリーン上を親指で素早くタップするというのは人によってはなかなか厄介なことと言えます。タイプミスなどが頻発すると、ちょっとしたストレスにもなってしまいます。そのような時はiPhoneを少しシェイクすることによって誤字脱字が多くなってしまったテキストを送信することを避けることができます。iPhoneをシェイクすることで、プロンプトが出て、今タイプした内容を消すよう求めてきます。また、誤った内容を選択、コピー、ペーストした場合にも、シェイクによってやり直すことができます。